播州織りを勉強

播州地方だからできる織物

2018.01.22

カテゴリー : ブログ

こんにちは、ナカムラです。

 

今日は全国的にとっても寒いですね。

雪も降って大変大変。

寒い日はこたつにこもってあんころ餅を食べるが

私にとって至福のひと時です。

 

さてさて、みなさま、播州織ってなんで

播州織っていうか知っていますか?

 

播州織って、播州地方で織られた織物のことを言います。

 

播州地方といっても、北播磨地区の西脇、加東、加西、丹波、多可町で

糸を先に染めてから、織で柄を表現する先染め織物を

播州織と呼ばれています。

 

播州地方は、播州織の一番の特徴である、先染め織に使われる糸の

染色の工程において大切な水は、播州を流れる川からめぐまれています。

加古川・杉原川・野間川などの河川が集まっており、

糸の染色に不可欠な水が豊富かつ、

染色に適した軟水(なんすい)の宝庫なんです。

良質な水が、糸を染める染料との相性がよく、

より綺麗に、より鮮やかな色合いをした糸染めが

できます。