播州織りを勉強

生機(きばた)

2018.01.31

カテゴリー : ブログ

こんにちは、ナカムラです◎

 

織り上がった生地を織機から下ろした状態を

「生機(きばた)」といいます。

 

生機は、糊がついてカチカチ、そして

ゴワゴワの状態ですので、加工により、洗浄、シワ伸ばし、

幅の調整などの仕上げをしてから出荷されます。。

 

整理工場では、整理加工と併せて、後加工として様々な

機能を生地に与える機能性加工のほか、

シワ加工や起毛などの風合い加工も行われます。

 

「生機」から加工されて帰ってきた生地を触った時は感動です。

皆様に送り出す生地は加工されて帰ってきた生地です。

クロコミ店舗KIJITSUNAGARIでは生機の生地を

量り売りで販売していますので、見にきてくださいね◎