ソーイングの豆知識

2016.03.16

セルヴィッジとは

 

0223

 

こんにちは、ナカムラです!!

みなさんは生地を買いに行った時に

「セルヴィッジ」という言葉を聞いた事はありませんか?

 

クロコミにも「デニムセルビッチ スラブ糸使用」という

生地があります。

 

しかし「セルヴィッジ」となんぞや、、、と

思う方も多いと思います。

 

 



セルヴィッジとは

 



 

85086081_o1

一般的には生地を織る幅の両端のことを”ミミ”といいます。

デニムなどでその”ミミ”の部分に糸の端がフサフサと出ないように

織られているもののことを「セルヴィッジ」といいます。

 

つまり、ミミ = セルヴィッジ ということです。

そして無駄のない生地の裁断の都合で古いデニムの織機で織った

生地は幅が29インチと狭くて、その生地はミミ付きで裁断するために

セルヴィッジジーンズと呼ばれています。

 

ちなみにジーンズの有名どころのリーバイスは

ミミの部分に白地に赤の糸を使用し、赤いラインが

入っていたのでレッドセルヴィッジと呼ばれています。

ちなみにクロコミの「デニムセルビッチ スラブ糸使用」という生地

にも赤いラインが入っていますよ!!笑