Let’s study 播州織

2016.05.10

播州織の進化

 

 

こんにちは、ナカムラです。

 

 

このゴールデンウィークにおばあちゃんの家に

遊びにいってきました。

 

そのときにおばあちゃんやお母さんたちが

播州織について話しの花を咲かせていたので

聞いていると、今の播州織は昔から凄く「進化」

している、と言っていました。

 

昔は播州織といえばチェックやストライプしかなく、

そんなにオシャレなイメージはなかったそうです。

 

しかし、今、クロコミの生地など見たりして

播州織ってこんなにカラフルで色々な柄があって

オシャレで良い物だったんだと話してくれていました。

 

flower_ha_06

05

播州織には約200年の歴史があります。

農家の副業として普及し、播磨の地で、受け継がれてきました。

 

確かに昔はチェックやストライプのみで洒落っ気が

なかったかもしれません。

 

しかし今、産地では、播州織の伝統と品質を守りながら

職人さんたちが新たなことに挑戦しています。

綿と異素材を組み合わせたり、色々な織り方をしたり、

他のものとコラボレーションしたりデザイナーと連携したりして、

 

 

”日々播州織は進化していっているのです。”

 

 

 

だから、今、産地にはとてもオシャレでとてもかわいい生地

がたくさん溢れています。

 

クロコミもこれからも日々新しいモノづくりに取り組んで、

みなさんに「素敵」を届けられるようになっていきます♪