Let’s study 播州織

2016.11.10

播州織の歴史

こんにちは、ナカムラです。

今日はとくに寒いですね!

みなさん風邪等には気をつけましょう。

手洗いうがいを忘れずに♪

 

そういえば、八千代、昨日朝から虹が出ていました!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2-02

朝から大きな虹がみれて幸せでした◎

さて、今回は「播州織の歴史」について

お話していきたいと思います。

柔らかな肌触り、上質で独特な風合いを持つ「播州織」。

日本が誇る伝統の一つです。

multi_07

そんな播州織は約220年もの歴史があるのです。

 

 

「播州織」は江戸時代中期(江戸!?遥か昔ですね〜)

寛政4年(1792年)に京都から織物の技術を

播州北部に持ち帰ったとある大工がいました。

 

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99-01

この当初はまだ「播州織」という名前がついておらず

播州縞(ばんしゅうしま)」と呼ばれておりました。

播州縞は農家たちの副業として

たくさんつくられるようになりました。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99-02

だんだん播州縞が普及していき

江戸時代末期にはもう工場制手工業になり

よりたくさん生産されるようになりました。

このころには染めは「藍染」を中心とした

植物染料で染めていました。

 

 

そこからだんだん染色工場も出来始め、

1877年ごろ、合成化学染料が輸入され、

色彩が多様かしました。

 

明治後半になり、「播州縞」は現在の「播州織」

呼ばれるようになりました。

 

 

さて、今日はここまで。

続きはまた次回、見て行きましょう〜。