Let’s study 播州織

2016.12.26

播州織産地 -職人さん-

こんにちは、ナカムラです。

 

みなさま、クリスマスはいかがでしたか?

わたしは太りました

 

「パーティーやー」いいながら食べてたら

クリスマスだけで太りました( ̄‥ ̄)=3

 

さて、先日から播州織の産地についてお話しています。

前回は産地の魅力、自然について。

今回は産地にいる職人さんについてです。

 

播州織を織り上げるには細かく分けると約27ほどの工程があります。

その工程一つ一つに職人さんがいます。

播州織は、まず糸を染め上げ、その染めた色糸を使って

さまざまな模様に織り上げます。(※先染織物)

 

この染める間にもたくさんの職人さんが関わっています。

染め〜織りまで、ここにもたくさんの職人さんが。

そして織り〜完成系〜売り出しまでも沢山の職人さんたちが携わっています。

 

 

このように沢山の人が携わって、職人さんそれぞれの

想いが詰まっているのが播州織の魅力です。

_igp2380

このような播州織の魅力は触って、使って、

感じてもらうしかないとわたしは思います。

「良いもの」に一貫性を見つけてもらい、感じてもらうしかないなあと。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%9901

そして、播州織産地では伝統を守ってかつ新しい風を!と

色々なことに挑戦し、播州織を盛り上げて行っています。

そのたびに現場では職人さんたちが知恵を凝らし、

壁を乗り越え、伝統を守りつつ新しいものを生み出しています。